エコポイント・・商品券は1ポイント=1円

プレジデント Family (ファミリー) 2009年 07月号 [雑誌]

6月19日に注目のエコポイントで交換できる商品271件が発表されました。このうち、大半が商品券やプリペイドカードで、「ふるさと小包」など郵便局の地域産品などもあります。
商品と交換できるポイント数もエコポイント事務局により一部公開されました。
商品の交換申請が行われる来月1日までには、すべての商品のポイント数が発表されるそうです。

ポイントは商品券や旅行券、電子マネーなど、ほとんどが1ポイント=1円分として換算されています。
また、地域の商品券では、1万ポイントで1万1000円分の買い物ができるなど、ポイントを有利に換算できるものが多いようです。

グリーン家電エコポイント事務局ホームページ
http://eco-points.jp/EP/index.html

「エコポイント」の交換商品の申請受け付けが7月1日からスタートしますが、申請の方法は上記の「エコポイント事務局」のホームページまたは郵便局にある申請用紙に、住所や交換したい商品など必要事項を記入し・・
▽省エネ家電の保証書のコピー
▽領収書、レシートの原本
▽家電リサイクル券の控えのコピー(買い替えの人のみ)

をそろえて事務局に郵送します。

希望商品との交換に必要なポイント数は6月末までに各事業者が設定します。さらに7月上旬には政府が参加事業者を対象に交換商品の2次募集を行い、9月にリストを更新する予定だそうです。
交換ポイント数は手数料や配送料を含んだポイントになります。
また交換商品が消費者に届くのは、8月以降になるようです。エコポイントの引き換え期間は来年3月末までとなっています。

エコポイントに関する問い合わせの消費者窓口
0570・064・322(午前9時〜午後5時、土日祝日を含むです)。

同じくエコカー補助金の申請も始まっています。
エコカー補助金について・・・
すでに購入のための補助申請が始まったエコカー(燃費・環境性能の高い新車)への買い替え補助制度では、最大25万円までの補助が受けられます。
4月に開始されたエコカー(環境対応車)減税と合わせると、購入価格が40万円も安くなる車種もあるそうです。
 たとえば新車登録から13年以上たった車を廃車にして、新車(10年度燃費基準をクリア)に買い替えた場合、普通自動車の場合、国が25万円(軽自動車は半額です)の補助金を出します。
また新規に購入する場合は、燃費基準が少し高くなりますが、10万円の補助金が出ます。
これらの対象は、各メーカーが販売する車の8割にあたる160車種です。
これは来年3月末までの措置で、国は278万台分を上記基準に該当すると予定しています。費用は約3700億円と見込み、予算を組んでいるそうです。
どのメーカーもこの補助制度で買い替えを迷っていたユーザーが消費に回る可能性が高いと大きな期待を寄せています。
 トヨタやホンダの販売店は、ハイブリッド車(HV)人気の盛り上がりを期待しています。
またさらに買い替え補助に加えて、購入時の自動車取得税・重量税がエコカー減税により全額減免されるために、トヨタのプリウスは計39万3700円、ホンダのインサイトは計38万7700円初期費用が軽減されるため、制度活用を販売チャンスと見て、各社とも広告や店頭でアピールして、新車の販売拡大を期待しています。

posted by エコポン at 17:58 | Comment(52) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。